広島の遺産分割・遺言・相続税は、相続に強い私たち弁護士・税理士・FP(広島市中区)にお任せください。専門家が相続問題に共同して対応します。

弁護士(山本総合法律事務所) :広島市中区大手町2-8-1-7階
税理士(山本直輝税理士事務所):広島市中区国泰寺町1-5-31-3階

  電話受付時間

(平日)9:00〜18:00 
夜間・休日対応可(要予約)

初回ご相談は45分無料

082-546-0800

離婚と相続

夫婦が離婚をした場合、相続問題に影響することがあります。

このページでは、次のことをご説明します。

  • 離婚後に相続が発生した場合、誰が相続人か
  • 離婚後に相続が発生した場合のトラブル例
  • 離婚後の相続トラブルの対処法

 

なお、離婚問題はこちらをご覧ください(山本総合法律事務所のページにリンクします)。

離婚と相続人

夫(A)と妻(B)が離婚をして、子(C)の親権を妻(B)が取得したとします。その後、夫(A)が別の女性(D)と再婚し、子(E)が生まれたとします。

この場合、夫(A)が死亡すると、相続人は次の3名です。

  • 前妻との間の子(C)
  • 後妻の女性(D)
  • 後妻との間の子(E)

前妻(B)は、相続発生前に離婚をしているため、相続人にはなりません。そのため、夫(A)の財産を相続することはできません。

但し、夫(A)が死亡する前に、夫(A)から前妻(B)に財産分与がされていなかった場合には、前妻(B)は夫(A)の相続人であるC・D・Eに対して、財産分与を請求することができると考えられています(大阪高等裁判所平成23年11月15日決定参照)。(財産分与について、詳しくは山本総合法律事務所(広島市中区大手町)のこちらのページをご覧ください

離婚後に相続が発生した場合のトラブル例と対処法

離婚後に相続が発生した場合、次のようなトラブルが発生することがあります。

次の家族関係を想定して、ご説明します。

  • 夫(A)と妻(B)が離婚をして、その間の子(C)の親権を妻(B)が取得した
  • その後、夫(A)が別の女性(D)と再婚し、子(E)が生まれた
  • 夫(A)には、資産家の父(F)がいる。

 

前妻の子と、後妻・後妻の子との間のトラブル

夫(A)と後妻(D)・子(E)が、長年にわたり、安定した家庭を築いていたとします。

この場合、後妻(D)と子(E)は、亡くなった夫(A)の財産を全て相続できると考えるかもしれません。

しかし、法律上は、前妻との間の子(C)も、相続人としての権利があります。後妻(D)と子(E)にとって、前妻の子(C)とはほとんど交流のないことが多いといえます。元々険悪な関係にあることも珍しくありません。

そのため、夫(A)の遺産をめぐり、後妻(D)・子(E)と、子(C)が、激しく対立することがあります。例えば、子(C)が、遺産を後妻(D)や子(E)が隠しているのではないかという疑いや、子(E)だけが父(A)の生前に財産を多くもらっていたのではないか(特別受益)という不満を持ち、調停や審判で対立が先鋭化することもあります。(特別受益についてはこちら

こうした対立を回避する手段としては、遺言を作成する方法があります。相続人C・D・Eには遺留分という権利がありますので、遺留分を侵害しないように遺言を作成することもポイントとなります。

 

夫の父(F)がその遺産を息子(A)の前妻(B)にいかないようにしたい

夫(A)と妻(B)が離婚をした後、夫の父(F)が死亡した場合、父(F)の遺産を前妻(B)が取得することはないのでしょうか。

法律上は、関係者の死亡する順序によっては、離婚をしたにもかかわらず前妻(B)が元義父(F)の遺産を取得することは、あり得ます。

例えば、死亡する順序が「父(F)→前夫(A)」の場合、AがFの遺産を相続し、CがAの遺産の4分の1を相続します。そのため、Cは、間接的に、Fの遺産を相続します。

また、死亡する順序が「前夫(A)→父(F)」の場合、Cは、Fの遺産の2分の1を代襲相続します。(代襲相続についてはこちら

どちらの場合も、Cは、Fの遺産の一部を取得することになります。

その後、Cが死亡した場合、Cに配偶者や子がいなければ、BがCの遺産を相続します。したがって、Fの遺産の一部を、Bが取得する可能性があるのです。

BがFの遺産を取得できないようにするためには、Fが生前に遺言を作成する必要があります。ただし、Cには遺留分という権利があるため、Fは、CがFの遺産の一部を取得するか金銭を請求するのを、完全に阻止することは、難しくなります遺留分についてはこちら。また、Fが、C死亡後のFの遺産の帰属についてコントロールすることは、通常の遺言を作成する方法ではできません。

この問題を解決する方法として、「信託」の設定があります。Fは、信託契約や遺言により信託を設定することで、Cが死亡しても、Bが相続によりFの遺産を取得するのを阻止することができます。

私たちは、信託の設定についても経験と実績がありますので、ご相談ください。

その他のメニュー

無料相談のご予約・お問い合わせはこちら

弁護士・税理士・FPへの無料相談はこちらからお申込みください

初回ご相談は45分無料

082-546-0800

山本直輝税理士事務所につながりますので、「相続のホームページを見た」とお伝えください。

※法律問題のみのご相談の方は、山本総合法律事務所(082-544-1117)にお電話いただいても結構です。

受付時間:(平日)9:00〜18:00
夜間・休日対応可(要事前予約)

相続に強い専門家が、相続税対策・遺産分割・遺言などの相続問題に共同対応

082-546-0800

(平日)9:00~18:00
相談料:平日初回45分無料

山本直輝税理士事務所につながりますので、「相続のホームページを見ました」とお伝えください。
※法律問題のみご相談の方は、山本総合法律事務所082-544-1117)にお電話いただいても結構です。

広島の弁護士と税理士による相続相談

山本総合法律事務所

広電「袋町」目の前
アストラムライン「本通駅」徒歩3分
広島バスセンター徒歩7分
広島市中区大手町2-8-1大手町スクエア7階(山本総合法律事務所HPはこちら

082-544-1117

山本直輝税理士事務所

広電「市役所前」「中電前」徒歩3分
広島中央郵便局向かい
無料駐車場あり
広島市中区国泰寺町1-5-31 3(山本直輝税理士事務所HPはこちら)

082-546-0800